砂音

うつ病、心理、その他日常についてを綴るブログ

うつ病でつらいときにできる、たった1つのこと

うつ病の症状でつらいときにできるたった1つのこと。

うつ病の症状はいつでるかわからない

こんにちは。うつ病闘病中の砂鐘ナオトです。


今日はめずらしく頓服薬飲みました。
レキソタン」という薬で、「不安時に飲むように」と医師から指示されています。


なぜこんな話をするかというと、今日は本当につらかったからです。
最近ようやくうつ病が回復してきたと思った矢先にこのつらさ。

「ああ、もうこの病気は治らないのかな・・・」

と、絶望してしまう。


そして今日は、そんな状況下でできること必死に考えていました。

うつ病の症状でつらいときにできるたった1つのこと

それは、


何もしない。


決して何もできないわけではありません。
そう、何もしないということができるのです。

この考え方は結構重要です。


なぜ重要か。
それは何もできないと考えると、すぐに自己嫌悪に陥るからです。

これはうつ病に限らず言えることでもあります。


人はとても弱い生き物。
精神という一見高度なものを持ってしまったがための弊害。


この弊害を取り除くために、できることにフォーカスを当てていきます。


ですから、患者の皆さま。
本当につらいときは何もしないでください。

これは、趣味でも怠けでもなくお仕事です。

おわりに

今回は短い文章でしたが、本当に大切なことを書いたつもりです。
それに、うつ病でつらくてこの記事を読んでいるのであれば、あまり長い文章を読ませるのは酷です。

以前の僕も長い文章は読もうと思っても読めませんでした。


今回の記事が少しでも皆さまの活力になれば幸いです。


それでは、今回はこれにて。ノシ

広告を非表示にする